快適な暮らし

段差解消機を導入する前に考えておく事

様々な事情によって車椅子生活を余儀なくされている人は多いのですが、しかし世の中は健常者が大多数でそれに合わせた作りである事が殆でもあります。 それ故に両立出来る様に開発されたのが段差解消機と言った物であり、これによって双方が暮らし易いばかりか負担を緩和出来るとあって注目されているのです。 ただしこの段差解消機を設置する前には色々と考えておくべき点もありますので、それらに関しては熟考した上で業者等に依頼した方がより良い結果も得られます。 一番重要なのは生活する上で特に問題となる段差を予め把握しておく事であり、あまり使わない場所でそれらを設置したとしても無駄になるので時には移動式等を考える必要もあるのです。

簡易的な物と機械方式のどれを選ぶか

段差解消機には電動に代表される様な機械の力を使った物と小型の持ち運びスロープの二つに大別でき、楽といった面では前者が良いのですが使い勝手では後者の方が優れている事もあります。 この両方はあくまでも補助具と言った面が強くて車椅子利用者が単独で使う事は時と場合にもよりますので、介護者が居ると言う事を前提とするかどうかでも設置の仕方が変わってくるのです。 例え電動式の段差解消機であっても不十分な体制で使えば当然事故に繋がる事もありますので、見守るといった考えは常に必要ともなってきます。 それらの点を押さえるとあまり段差が高く無い場合にはより使い勝手の良い持ち運びし易い物を選ぶと良く、逆にどうしても解決出来ない高い段差に悩まされる場合に機械式を頼ると良いのです。