移動できるように

車椅子を利用する人が増えている

車椅子が目的としているのは使用者へのフォローと言えます。だから健常者にとって無縁と考えられがちですが、将来的に身体機能に問題が生じればお世話になる可能性は十分にあります。 しかし車椅子の移動は足を使った歩行よりも、難点が多い事は間違いありません。なぜなら足の移動は高さに対する制限がほとんどありませんが、車椅子の移動は問題が起こりやすいからです。スローブが作られている所であれば効率的に移動できますが、全ての場所に設けられている物ではありません。

段差解消機を導入するメリット

車椅子の移動が困難な場所に対して便利なのが、段差解消機と呼ばれるものです。段差解消機は文字通り高さの違う場所へ移る時に使う機械です。この機械を利用する事で若干の時間は必要なものの、健常者と同じような動きを実現できるようになります。以前は高さの異なる場所の移動を一人で行う事ができませんでした。しかし段差解消機が登場した事で、その前提が崩れた事は間違いありません。 ただし段差解消機の持ち運びは大変です。精密機械であるため運び方に工夫を凝らす必要があります。そのため段差解消機を持ち運びしながら出かける人は稀です。しかしそのデメリットを逆手に取れば、集客につなげられる可能性があります。段差解消機を導入する事で、障害者のフォローをアピールできるのです。